野沢菜のカブを使った焼酎

ほとんど利用されずに捨てられていた野沢菜のカブを使った焼酎が今春、誕生した。その名は「野沢菜蕪(かぶ)焼酎」。


口に含むと野沢菜のかおりがする。振興公社の宮崎孝春・事務局次長は、「ロックで飲むと香りが楽しめる。野沢菜料理をつまみに一杯やってほしい」と話す。今後は、野沢温泉村産の酒米、水を使い、すべて村産の原料を使った蕪焼酎を目指すという。


続きを読む







今日の 酒の肴・つまみ はこれを取寄 | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒にまつわる気になる記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。