世界初「米ビール」国税庁が作る


世界初「米ビール」国税庁が作る


「苦みがなくておいしい」−−。
5日午後4時、ソウル麻浦区阿硯洞(マポグ・アヒョンドン)国税庁技術研究所ではちょっと変わった試飲会が開かれた。世界初、米ビールがお目見えしたからだ。ハン・サンリュル国税庁次長と伝統酒関連団体長ら50余人が米ビールを一口ずつ飲んだ。これを見守るキム・ヒョンシク国税庁技術研究所分析課長(52)の顔はこわばっていた。口元に笑みがこぼれたのはしばらくたってから。出席者たちが試飲後「おいしい」という言葉を連発してからだった。


続きはこちら







今日の 酒の肴・つまみ はこれを取寄 | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒にまつわる気になる記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。